売れるヒント

店頭マーケティングの視点でビジネスの売れるヒントを探る。マーケティングや営業など、売る仕事の方へ

【POP】最後の一押しの言葉

今日も「売れるヒント」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

昨日は業務で終日外出していました。

久々に都心に行っていましたが、すっかりマスクしながらの生活が当たり前になった感がありますね。

 

それでは「売れるヒント」第1,289号です。

--------------------------------------------------------------------------------

■先日、ローソンに買い物に行きました。

f:id:ryo596:20210914121418j:plain

こちらはカップ麺の売り場です。

 

■今回も新商品が出ていました。

ペヤングやきそば獄激辛麻婆」という商品です、。

激辛のやきそばは今までありましたが、そこに麻婆が加わるのはまた新しいですね。

「泣けるほど辛みが強い」と書いてあり、私には無理だろうと諦めましたが、辛いもの好きな人には熱狂的に支持されそうです。

 

■ここでの気づきは「新商品を勧める言葉」です。

プライスが通常貼ってあるのレール部分に、このように書いていました。

「いつものカップラーメンもいいけど、新しい味にも挑戦して見ない??」

これはやきそばではなく他のカップラーメンの新商品の訴求だと思いますが、新しい味もちょっと試してみようかと思う人が出てくるかもしれませんね。

手書きでこのように柔らかくお勧めされるのもいいですね。

 

■このように、単に新商品と書くだけでなく、試してみませんか、という一言が後押しになることがあると思います。

今までは店員さんが推奨していた言葉を、手書きで書くのもアリだな、と感じた「ペヤングやきそば獄激辛麻婆」での気づきでありました。

 

【今日の教訓】

自社の商品やサービスは、さらなる推奨の一押しをしているでしょうか。

もし人が推奨できないのであれば、手書きなどで言葉を加えるのでも効果があるかもしれません。

--------------------------------------------------------------------------------

それでは、今日もビジネスを楽しみましょう!