売れるヒント

店頭マーケティングの視点でビジネスの売れるヒントを探る。マーケティングや営業など、売る仕事の方へ

【広告】有名な場所で使ってもらう効果

今日も「売れるヒント」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

昨日は書店に行きました。

考えることこそ教養である

最近は教養ブームですが、そもそも教養とは何かを改めて考えさせられるいい本でした。

 

それでは「売れるヒント」第1,094号です。

--------------------------------------------------------------------------------

■先日、スーパーのピーコックストアに買い物に行きました。

f:id:ryo596:20210301082235j:plain

こちらは梅酒の売り場です。

 

■立派な箱に入った梅酒がありました。

加賀梅酒という石川県で作られた梅酒のようです。

梅酒といえば暖かい地方というイメージがありましたが、北陸でも作られているのが少し意外でした。

箱といい、価格といい、高級な梅酒という位置付けのようです。

 

■ここでの気づきは「〇〇で使われました」という付加価値です。

シールが貼られており、「ノーベル賞関連パーティーで飲まれた唯一の梅酒」と書かれています。

こういう世界的な行事で選ばれたとなると、信頼されているものというイメージになりますね。

どのような選定基準なのかはわかりませんが、サンプルを無料で提供していたり、あるいは本番でも無料で提供などの可能性もあるかもしれません。

 

■このように、有名な場所で使われたり、有名な誰かに使われたりすると、それだけで宣伝となるので、かかった経費も広告費と同じと考えることもできます。

そういった時は経費と考えず投資と考えるのがいいかもしれない、と感じた「加賀梅酒」での気づきでありました。

 

【今日の教訓】

自社の商品やサービスは、有名な場所で使われたり、有名人に使われたりなど、することがあるでしょうか。

もしそういうことが今後もあれば、それは広告の一環と考えて、倹約せずに投資するのも一つの手段だと思います。

ついついもったいないと考えてしまいますが、テレビCMなどの広告費と比べると、成功すれば費用対効果はかなり高いと思います。

--------------------------------------------------------------------------------

それでは、今日もビジネスを楽しみましょう!