売れるヒント

店頭マーケティングの視点でビジネスの売れるヒントを探る。マーケティングや営業など、売る仕事の方へ

【企画力】キャラメルコーンとミルキーのコラボ

今日も「売れるヒント」ブログをご覧いただき、有難うございます。

 

昨日は知人宅へ訪問しました。

バスに乗ると、乗務員のすぐ後ろの席は、今も使用禁止になっていました。

従業員を守るためということだと思いますが、いつ解除されるか注目したいと思います。

 

それでは「売れるヒント」第834号です。

---------------------------------------------------------------------------------

■昨日、帰宅途中にファミリーマートに寄りました。

f:id:ryo596:20200615105941j:plain

菓子コーナーに「キャラメルコーン」が並んでいました。

 

■こちらに「夢のコラボレーション」と書いてありました。

不二家の「ミルキー味」だそうです。ミルキーの練乳を使用しているようですね。

キャラメルが練乳と変わって味がどうなるか気になりましたので、ついつい買ってしまいました。

食べてみると美味しかったです。

 

■ここでの気づきは「コラボの意外性」ということです。

そもそも意外なものがコラボなのですが、今回のキャラメルコーンは予想範囲外のことでした。

例えばチョコレートと有名抹茶店でしたら抹茶チョコで想定内ですが、キャラメルを練乳に置き換えるというのは意外です。

意外性に興味を持って、ついつい試してみたくなる人も多かったかもしれません。

 

■このように、今までの「有名ブランドとのコラボ」に加えて「コラボで作られた商品が今までにない」ということも、注目を集める要素となっているようです。

このような様々な要素を組み合わせていくことが、より注目を集めていくことにつながると感じた「キャラメルコーンミルキー味」での気づきでありました。

 

【今日の教訓】

自社の商品やサービスは、顧客から注目を集める要素はいくつかあるでしょうか。

要素は1つではなく複数あったほうが、より関心を持つ顧客がたくさん出てくる可能性があると思います。

また、それは掛け算の相乗効果を生むこともあるかもしれません。

---------------------------------------------------------------------------------

それでは、今日もビジネスを楽しみましょう!