売れるヒント

店頭マーケティングの視点でビジネスの売れるヒントを探る。マーケティングや営業など、売る仕事の方へ

【物語力】リポビタンDとラグビーの歴史を見て

今日も「売れるヒント」ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

このブログは、身の回りの販促事例などの「売れるヒント」を、現在マーケティング支援に携わる者が、日々記録しているものです。

もし気づきが得られましたら、ビジネスのヒントに、商談のネタに、部下の教育に、いろいろお役立てください。

 

昨日は勉強会に参加した後、展覧会に寄りました。

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ― 線の魔術 | Bunkamura

現代のいろいろな作家に影響を与えているのが凄かったです。 

 

それでは 「売れるヒント」第525号です。

---------------------------------------------------------------------------------- 

■昨日はドラッグストアに寄りました。

f:id:ryo596:20190811103645j:plain

おなじみの栄養ドリンク「リポビタンD」が吊り下げ展開されていました。

 

■リポビタンDは学生時代からよく飲んでいまして、時々無性に飲みたくなります。

甘くて美味しいんですよね。

いろいろな栄養ドリンクが発売されるたびに飲み比べるのですが、やはりリポビタンDに戻ってしまいます…

エナジードリンクなどの攻勢で大変だと思いますが、これからも応援したいと思います。

 

■ここでは、「リポビタンDはラグビー日本代表を応援します」というPRの展開でした。

本格的なのは、オフィサルスポンサーになってから9/20の開幕までの歴史が載っていることです。

パンフレットを広げて、吊り下げ什器に付けている形のようです。

ついつい見入ってしまいました。

本気でスポンサーとして支えてきたという物語が伝わってきました。

 

■このように、長年力を入れてきたということは、年表を出されると実感させられます。

物語をこのように伝えるのもアリだと感じた「リポビタンDとラグビー」での気づきでありました。

 

【今日の教訓】

自社の商品やサービスが長年親しまれているものであれば、年表で表現するのもアリかもしれません。

ラインナップが追加されたり、売れたり売れなかったりなど、山あり谷ありの年表も愛される物語力となると思います。

----------------------------------------------------------------------------------

それでは、今日もビジネスを楽しみましょう!