売れるヒント

店頭マーケティングの視点でビジネスの売れるヒントを探る。マーケティングや営業など、売る仕事の方へ

【商品開発】成城石井アイスがローソンに登場

今日も「売れるヒント」ブログをご覧いただき、ありがとうございます!


このブログは、身の回りの販促事例などの「売れるヒント」を、現在マーケティング支援に携わる者が、日々記録しているものです。

 

もし気づきが得られましたら、ビジネスのヒントに、商談のネタに、部下の教育に、いろいろ役立てください! 

 

それでは、「売れるヒント」第332号です。

----------------------------------------------------------------------------------

■先日、近くのローソンに寄った時の写真です。

f:id:ryo596:20190130080409j:plain

 「成城石井アイスクリーム」のPOPがありました。

 

■今までも、ローソンでの成城石井の商品に、注目してきました。

ローソンが成城石井を買収して以来、どのように展開されるのか興味深いからです。

 

今までも、お菓子などが導入されてきました。 

 また、ワインコーナーでは「成城石井おすすめワイン」がすでに並んでいます。

そして今回、アイスが登場したという訳です。

 

■POPには「成城石井アイスクリーム」という直球の名前が付いています。

ウェブサイトでも「成城石井」を前面に出した内容になっていました。


成城石井の他の商品にも言えることですが、シンプルなイメージが一貫している感じを受けました。

やっぱり高級志向の商品だからでしょうか。ゴテゴテした感じは似合わないですね。

 

■高級路線でしたらシンプルなパッケージや商品名、POP等にした方が、そのように認識してもらいやすいと思いました。

 

価格帯によって、商品の雰囲気は変える必要がある、と感じた「成城石井アイスクリーム」での気づきでありました。

 

【今日の教訓】

自社の商品やサービスは、高価格帯でしょうか低価格帯でしょうか。

価格帯によって、シンプルかそうでないかの商品のイメージを変えることで、店頭で認知してもらいやすくなるかもしれません。

それが、売れやすさにつながる可能性もあると思います。

----------------------------------------------------------------------------------

それでは、今日もビジネスを楽しみましょう!