売れるヒント

店頭マーケティングの視点でビジネスの売れるヒントを探る。マーケティングや営業など、売る仕事の方へ

【陳列】PB商品とNB商品の陳列について

今日も「売れるヒント」ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

 

このブログは、身の回りの販促事例などの「売れるヒント」を、現在マーケティング支援に携わる者が、日々記録しているものです。

 

もし気づきが得られましたら、ビジネスのヒントに、商談のネタに、部下の教育に、いろいろお役立てください!

 

先週の土日は壱岐対馬でしたが、今回の土日は北陸に行きました。充実しています。 

 

それでは、「売れるヒント」第183号です。

----------------------------------------------------------------------------------

■ドラッグストアのマツモトキヨシに寄りました。

f:id:ryo596:20180902223350j:plain

飲料の棚を見てみると、よくコンビニで見ている風景と違います。

 

マツモトキヨシのMKマークが付いた、PB(プライベートブランド)商品が多くありました。

 

■上段のエナジードリンクレッドブルの隣には、2種類のPBエナジードリンクが並んでいます。

また、下段にも、強炭酸水と、ビタミンC1500レモンのPBがありますね。

 

マツモトキヨシのオリジナル商品の開発力はすごいと思います。

コンビニでいうとセブンイレブンのような感じを受けます。

 

■ここで感心したのは、PB商品と、NB(ナショナルブランド)商品の陳列です。

 

上段のエナジードリンクは、NB商品で有名品の「レッドブル」を隣に置いて、比較しています。

これは、レッドブルエナジードリンクの代表格であり、それを求めて来店する方が多いからかもしれません。

エナジードリンクなら何でもいいという人が少ないということでしょう。

たしかに、PB商品が単独で並んでいても、なかなか購入に結びつかないかもしれません。

 

逆に、下段の炭酸水の場合は、単独で置いています。

これは、ブランドよりも「炭酸水」という機能を求めて選ぶ人が多いので、比較商品が必要ないという判断かもしれません。

自分自身を考えても、炭酸水は味の違いがほとんど無いので、簡単にPBを選びそうです。

 

この違いを見て、あくまで想像ですが、考えられている感じがして、なるほど!とヒントを得ました。

 

■前職で、ドラッグストアを担当していた時、PB商品ばかりを並べている店がありました。

理由は、PB商品の販売ノルマがあり、NB商品を置いているとそちらが売れるので、PB商品だけにして無理やり選ばせるようにした、ということでした。

 

しかし、そのチェーン店は、客離れを招いたのか、衰退していきました。

 

それとは違う、PB商品とNB商品のバランスの大切さを感じた、マツモトキヨシのPB商品での気づきでありました。

 

【今日の教訓】

自社の商品やサービスで、PB商品とNB商品、有名品と無名品、売れ筋品と死に筋品など、様々な種類をどういうバランスで訴求するか、考えてみてはどうでしょうか。それぞれに絶妙なバランスが存在するかもしれません。

----------------------------------------------------------------------------------

それでは、今日もビジネスを楽しみましょう!